■近畿府県合同防災訓練・緊急消防援助隊近畿ブロック合同訓練に参加致しました。

全日本ドローン協会の一員として、

『令和元年度 緊急消防援助隊近畿ブロック合同訓練』に参加させていただきました。

三重県南東沖を震源とする巨大地震が発生し、東海地方において甚大な被害が発生したと想定した訓練  です。

10/26(土)から10/27(日)の2日間にかけて、

三重県の消防本部36隊のほか

宮城県・愛知県・福井県・滋賀県・京都府・奈良県・大阪府・兵庫県・和歌山県・徳島県の消防本部161隊、

防災航空隊、航空機動部隊11機

ドクターヘリ、三重県警察航空隊、海上保安部、自衛隊、自治体、防災関係機関が合同で訓練に参加致しました。

近畿エリア合同訓練ということで防衛省の方も見にこられておりました!! 私たちドローン部隊は実働部隊が活動する前の情報収集、要救助者を発見する役目です。

今回の訓練では松阪消防本部様の指揮のもと、4団体同時に5機のドローンが飛行するという史上初めての試みでしたが、無事任務をまっとうできました。

状況をみながらのブラインド訓練でしたので、とても良い経験になりました。

今後とも松阪消防本部様と連携をして有事の際に備えていきたいと思います。

良い経験をさせていただきました。ありがとうございました。